家庭教師先の張り紙



中学受験で見た子をそのまま継続して指導してきた。
あれほど算数が苦手だったのに今は数学は平均点を超える。
その子の部屋に新しい張り紙があった。びっくりしたので書いた理由を聞いてみた。

今回も点数はそれほど悪くなく、平均も超えていた。それでも期末の結果が悔しくて帰宅後に泣いたそうだ。泣きはらしたら気持ちが吹っ切れ、それでこの張り紙を書き、張ったとのこと。
平均点を超えたことより、苦手でさんざん私と特訓した単元がやっと理解できたのに、時間配分のミスで途中で時間切れとなってしまったことが悔しくて仕方なかったと言うのだ。お母様もこんな姿は初めて見ましたと驚かれていた。
そんな彼女も4月からはいよいよ高校生。学校からは理数系が向いているのではと言われたとか。そのことにもお母様はびっくりだったそうだ。
算数や数学へのアレルギーを克服できたことが本当に嬉しい(^O^)

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索