夏の総括。

まだ1週間が残っているが、ほぼ夏休みも終わりに近くなったので、夏の総括をしたいと思う。

今年度は、私立校通学生の日常学習のフォロー授業がかなり入っていて
彼ら彼女らの多くは、夏休みの受講希望が少なくなるので
前から受講希望を頂いていたのになかなかお受け出来なかった
中学受験生の方々に
「夏だけでもよい」という条件で何名かに通って頂けた。

名だたる塾に通っている(いた)にもかかわらず
基本的なことを知らない子供達が多いのでびっくりした。
習っていない可能性もあるが、
仮に通っている塾の授業で習ったにしても、
知識として全く定着していなければ、指導されていないも同然だ。
彼ら彼女らの理解力が劣っているということはなかった。
説明していけば、解法の根本をしっかりと理解し
類題を的確に解けるようになった。
個別指導の効果は大だと思う。

また、計算の基本をチェックされないままに来ていた子もいた。
位をそろえるとか、数字の書き方とか、
そういう指導はまさに個別指導ならではだと思う。

残念ながら、彼ら彼女らとも9月からは定期的な学習は出来ない。
冬休みにまた会えるかもしれないが、見違える存在となっていて欲しいと思う。

この夏の限られた時間の中で
9月からの学習の土台をしっかりと固めてあげられたであろうか。
彼ら彼女らとの別れの時はもうすぐそこだ。
文字通り、秋の気配のふいの到来に身が引き締まっている。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

八月

八月となった。
完全に学校から離れ、どれだけの体験を積めるか。
子供にとって、最も重要な成長の月だ。
学校で成長していないということではない。
学校から離れ、個人的な成長が最も著しい時という意味だ。

塾、家庭教師を営む者として、この月の指導は殊更に重要と思う。
受験生は勿論、受験を終えた一年生でも
この月にどれだけの学習が出来るかが、2学期以降の学習に影響する。
6年生はがむしゃらに復習。早く過去問演習に入りたい。
5年生は割合と比のマスター。

八月は末広がり。
ここから知恵の裾野が広がっていく。

こんな思いから、衝動的に、声のメッセージというのを作ってみた。
8月の受験算数について。
時間があったら聞いてみてください。

漢数字の八は末広がりだが
算用数字の8は鏡餅に似ている。
鏡餅は鑑みる(かんがみる)から来た言葉だという。
そして、重ねた姿は、一年をめでたく重ねるにつながるのだという。
AllaboutJapanより。)

どちらにしても8と八は素敵な数ではないか。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索