似た言葉。

算数に限らず、似た言葉で悩まされることは多い。
私自身、幼いころ、インドとドイツの区別がなかなか付けられなかった。
エレベーターとエスカレーターもいつもどっちがどっちだか分からなくなってしまっていた。
自分自身がそんなであったから、似た子供に出会うと、その混乱ぶりがよく分かる。

今年は、各人の希望時間を聞いて調整してみたら偶々
算数が特に苦手な二人を一緒に指導する時間が出来てしまった。
2:1授業で、偶然にも6年生が重なってしまったのだ。
違う塾に通う二人だが、算数が大の苦手ということでは共通の二人。

今週の授業では、Aさんは最大公約数と最小公倍数で悩まされた。
Bさんは利益、原価、仕入れ値、売値、売価、定価で悩まされた。

二人ともに、これらの事項については、もう何度も指導し、説明しているので、今回はかなりきつく指導した。
今回もなるべく具体的にイメージさせようと、線分図を使ったり、式をいろいろ書き換えたり、相当に工夫して指導したが、やはり実感を伴う理解まで至らすことができたか、正直言って自信がない。
その日は出来る。私と一緒にやっているから出来る。
ところが復習テストの中身を見ると、出来ていたはずの問題がチンプンカンプンになっている。
この二人については、これをもう何回も経験している。

公という漢字の意味、倍数の倍、約数の約という漢字の意味、それらも理解し、実際の問題に即して扱えば何とか違いが理解してもらえると思うのだが、混乱はまだ解消されていないようだ。
売買損益も苦手な子は多い。
この春から指導し始めた、この二人とは別の生徒も、売買損益が出てきたら、「これは去年勉強した時は何も分かりませんでした」とつぶやいていた。

売買損益では普通、線分図が使われるが、問題により解き方を変えないと混乱が増す。
今週、売買損益を勉強しているのは日能研に通う6年生。
6年本科教室第10回を例に話す。
(この段落は、日能研に通っている人スペシャル)
基本問題1は簡単に式で解いてほしい。
分からない子には線分図を使って説明するが、基本が理解できたら式だけで解かせる。
「一致したら割る」という割合の基本事項を徹底させる。
基本問題2は1の発展。
(3)は1gあたりでも最小公倍数の600gあたりでも(算数勘の良い子なら50gあたりでも)良いから、同じ量にした値段で比べるという作業が加わる。これは売買損益の本筋とは離れるので、なぜ基本問題2として出てくるのか意図が不明。
(4)も20個と25個の最小公倍数を値段にしてしまえば楽に解ける。ただし、この考え方を自分で出来るようにさせるのは少し難しいことかもしれない。そもそもこのことも売買損益の本筋とは離れている。
基本問題3。これがポイント。ここで線分図など使ったら、普通の子供の頭は混乱すること必至。5年の本科教室の解説では線分図が使われている。だから分からなくなる子が増えるのだ。
基本問題4から大きく変わる。個数という要素が付け加わるのだ。一つの値段の変化でも辟易(へきえき)していた子にとって、これは止め(とどめ)の一撃となる。これを式だけで説明されても(1)はまだ何とかなるとしても、(2)になったら、大半の子はお手上げではないか?
個数が出てきたらとりあえず面積図だ。
ところが基本問題5はまた一つの値段の変化に戻る。どう考えても4と5は逆だろう。
そして基本問題4(2)より簡単な発展問題1と2が続く。
売買損益が分からない子が多いのは、実はテキストのせいなのではないだろうか。

最大公約数、最小公倍数については、先ほど
「公という漢字の意味、倍数の倍、約数の約という漢字の意味、それらも理解し、実際の問題に即して扱えば何とか違いが理解してもらえると思うのだが」
と、かなり真面目腐った言い方をした。
分からない子からは、「そんなこと言われても、言葉が似てるからいけないんだよ」という本音が聞こえそうだ。
そう、冒頭に述べたとおり、私もインドとドイツや、エレベーターとエスカレーターにはつい最近まで(まあ、インドとドイツは小学校高学年で何とか克服はしていたが)悩まされてきた。だから、最大公約数と最小公倍数でも結構苦しめられた記憶がある。
習うより慣れろかもしれない。
3回でダメなら4回、4回でダメなら5回解こう。
そうしたらきっといつかはっきり区別が出来るよ。

因みに、私は、インドとドイツの区別には下にカレーと付けておかしくない方がインドという技を自分で編み出した。これが小学校4年の頃。これを発見した時は天にも昇るほど嬉しかった。
また、エレベーターとエスカレーターの違いは、「レ」はまっすぐ下に落ちる、「ス」は階段みたいになっていると気づいたことで克服できた。このことに気づいたのはつい数年前のことである。だからそれまでは言い間違えも少なくなかった。

生徒諸君!
先生も同じ苦労をずっとしてきていたのだよ。だからめげるなよ。
怒られたって、「何だい、先生だって」と内心で思って、くじけるなよ。

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

救いはふいにやってくる。

スーザン・ボイルへの世界の関心は日々深まっていくようだ。
既にWikipediaにスーザン・ボイルという項目まで出来てしまった。

この混乱しきってしまった世の中で、今誰からも批判されることのない唯一の人が彼女ではないのか。
彼女を受け入れないという人はいないと思うが、彼女への反応が、その人の人となりを判断する試金石となるような存在とまで言って良いのではないか。
誰もに感動を与え、誰をも力づける存在。
まるで救世主が舞い降りたような気さえする。
彼女の世俗的な振る舞いの一つ一つにすら、宗教的な神々しささえ感じてしまう。

彼女について、様々なコメントが為されているが、一番大事なことを誰も言わないような気がするので、あえて書く。
私が一番感銘を受けたのは、無名であり続けながら、歌を愛し、歌を練習し続けた彼女の生き方だ。
プロの歌手になりたいという彼女の夢も、歌を愛し、自分の歌声を客観的に判断できる力まで備えているから生まれたことだろう。
自分の力を知り、それを磨き続けるということが誰にとっても一番大切だと思う。
そのことを彼女が無意識に世界に発信してくれているのだ。


スーザン・ボイルの1999年の歌声が聞けるサイト




テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

二人の感動的な女性との出会い。

感動とは、感極まり心動かされること
と勝手に解釈している。

年をとると感動する力は薄れるのかと思っていたが、この頃、感動することが続いた。
感動を通り越し、驚き、驚愕(きょうがく)というべきかもしれない。

最近、特に大きな2つの感動を得た。
それぞれ、魅力的な女性との出会いでもあった。

1つ目はリリ・ブーランジェ(Lili Boulanger)という女流作曲家の作品。
どれということではなく、聞いた作品すべてが素晴らしかった。
1918年に(わずか25歳で)亡くなった、これほどの作曲家の作品を、というより、作曲家自身のことも、ついこの間までは知らなかったのだから、これまでの人生、何をやっていたのだろうと思う。

聴いたのは、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮のロンドン交響楽団のCD。
輸入盤販売店の試聴機で偶然聴くことができた。
カップリングされていたストラビンスキーの「詩篇交響曲」を聴こうと思い、最後のコーラスの部分を飛ばし聴きしたついでに聴いてびっくりだった。
合唱、独唱とオーケストラのための作品が4つ収録されていた。
詩篇をテキストとしている作品なので詩篇交響曲と組み合わされたのだろう。
早速購入し、今は毎日のように聴いている。
聴くたびに生きる喜びが沸いてくる。
第九の最終楽章ばかりが続くような感じだ。
(表現や音楽技法はずいぶんと異なるけれど)

2つ目の感動は朝のニュースショーで知った。
つい先日(4月11日に)イギリスで放送された素人オーディション番組に出演した、47歳の女性の歌声についてのニュース。いや、その女性その人自身についてのニュースというべきか。
スーザン・ボイル(Susan Boyle)
今はyoutubeで全世界で500万回以上アクセスされているらしい。
今日も明日もアクセス数は伸びていくだろう。
私ももう10回以上聴いた。
もちろんお気に入りにもすぐに加えた。
何度聴いても(見ても)心動かされる映像だ。
そう、この人の場合、単に素敵な歌声というだけにとどまらないのだ。
見た目と歌声のギャップがあまりにも大きいのだ。

この人の歌う姿、歌声を聴いていると、やはりなんだか物凄いパワーが沸いてくる。

Susan Boyle

47 Year old Susan Boyle wows the judges with her performance in the auditions for Britains Got Talent, singing I dreamed a dream from Les Miserables.

彼女が歌ってる歌の歌詞も一緒に読んでみるとより興味深い。
Here are the Lyrics(Thanks to NewHotdox) -

I dreamed a dream in time gone by
When hope was high,
And life worth living
I dreamed that love would never die
I dreamed that God would be forgiving.

Then I was young and unafraid
When dreams were made and used,
And wasted
There was no ransom to be paid
No song unsung,
No wine untasted.

But the tigers come at night
With their voices soft as thunder
As they tear your hopes apart
As they turn your dreams to shame.

And still I dream he'll come to me
And we will live our lives together
But there are dreams that cannot be
And there are storms
We cannot weather...

I had a dream my life would be
So different from this hell I'm living
So different now from what it seems
Now life has killed
The dream I dreamed.


スーザン・ボイル(ノーカット版)

スーザン・ボイル(日本語字幕つき)


こうなると、これも落とせませんね。

ポール・ポッツ

ポール・ポッツの学生時代


これも見てみて欲しい。

ビアンカ・ライアン



YouTubeはまさに「どこでもドア」「いつでもドア」ですね。


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

模試の結果、その扱い。

模試の活用についてブログに書いたら、早速何人かの保護者の方から成績について、どのように報告したらよいかとご相談いただいた。
個別指導、家庭教師は勉強の分からないところを教えてくれるのが仕事で、成績管理のことまで相談したら申し訳ないと思っていたようだ。
ある家庭教師のお宅では、授業をするテーブルの上にノートパソコンを置いてくださり、生徒の個人ページが自由に閲覧できるようになっている。
今はネットで細かい分析まで見られるようになっていてびっくり。
四谷大塚や日能研は、IDとパスワードで各人個別のページにアクセスできるようになっていて、そこにあらゆるデータがまとめてある。
通塾の方の中には、パスワードまでお知らせくださり、自由にご覧になってくださいというお母様までいらっしゃって、かえって恐縮してしまう。
だが、これは楽だ。文字通り一目瞭然なのだから。
時間軸に沿っての変化が見られるのは勿論、各回各問題の細かな正答率まで載っている。
便利な世の中になったものだ。
郵送の手間も省けるから、塾側も助かっているのだろう。

答案のコピーも持ってきていただくと、実際の答案には解いた細かい過程も記されているので(記していない子もいる。これはいけない)手に取るように子供の頭の中が見えてくる。
答案にこれらのデータを重ね合わせると、もう怖いものなしだ。

私は解き方も細かくチェックする。
記述のある学校が増えてきているから慣れさせるという意図もあるが、
もっと大事なのは、どこまで何を理解しているかを確認するということだ。
実際の解き方を見るのが一番分かりやすい。
出来ると思われている子でも、解き方の意味の本質まで理解していないこともある。
問題の上辺から、似た形式の問題を見つけだし、パターンだけで解こうとして詰まっていたりする。
個別指導講師、家庭教師を付けることの一番のメリットは、そうした、外から見えにくい弱点を見つけてあげられることだ。
それには、総合的な力をチェックする模擬試験の中身をチェックするのが最適である。

個人情報については、各人各ご家庭の考えがあるから、こうして欲しいと具体的な指示までは出来ないが、それぞれのご家庭なりに、授業以外の情報を与えてくださることに協力してくださるのはありがたい。
これは模試の成績だけに限らない。
試験の出来が悪くて家で泣いていたとか、体調が悪くて宿題をやりきれていないとか、そうしたメールをちょっといただくだけで、こちらもどう対応するかに配慮できる。

受験に限らず、10代前半までの子育ては3人4脚が理想の形ではないだろうか。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索