嬉しいメール2つ。

最近いくつか嬉しいメールを頂いた。
そのうち、私の指導方針を象徴している2通を紹介したい。

1通目
算数が苦手で入塾したA君のお母様からのメール。

「昨日の夕飯のときに、○○(A君の名前)がポツンと
「比例の項目は面白いよ。」
と言っておりました。
○○が算数(数学)に対して前向きな感想を述べたのは初めてのことで、とてもうれしく感じております。
『算数自体に興味を持って好きになってもらいたい』
というのが、久保田先生に授業をお願いする一番の目的でしたので、
少しずつ効果が表れていることがわかり、大変ありがたく存じます。」

2通目
中学受験の最後の追い込みのやり方について悩まれていたBさんのお母様からのメール。

「お忙しい中、ご回答ありがとうございます。
昨日、○○中学に本人を連れて行った際、
相談会で、どのような勉強方法が良いか聞いた
ところ、やはり、先生と全く同じアドバイスを頂きま
した。受験までの2ヶ月、第一志望である○○中学
と第ニ志望である△△中学対策に力点をおき、
勉強をさせていきたいと思います。」

お母様方から頂くたくさんの相談メールや報告メール
これらを読むこと、返事を書くこと
これが大いなる、私の糧です。

その気持ちを伝えたくて、手前味噌を承知で引用させていただいた。
お母様方、ありがとうございます。






テーマ : 算数・数学の学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索