最近指導を開始した生徒の保護者からのメール(抜粋)

2月に何名かの6年生が抜け、新たな生徒の指導が始まった。
そのうちの一人の保護者の方からのメールを一部ご紹介させていただく。
私の指導について知っていただく参考になると思ったので。



【第1回目メール】(2012年2月初旬に頂戴しました)
サイトを拝見してメールいたしました。
○○在住の小5男児の保護者です。
5年秋から子供を○○にある四谷大塚の提携塾に通わせております。社会、理科などの暗記科目はそこそこできるのですが算数の文章題が苦手で、塾内のテストでも算数で四教科合計点を下げてしまっており、四谷の月例テストで偏差値50台前半です。
塾の授業では、明らかに理解に至っていない様子なので、家庭でも教えるようにしてはいますが、なかなか身に付かず、毎回「予習シリーズ」の例題の理解、基本問題を教えて解かせるにも手こずることが多く、困っています。当然、少しひねった出題にはお手上げです。
専門の先生に教えていただけないかと思い探していたところ、こちらのHPに行き当たった次第です。

【体験授業後のメール】(体験授業当日に頂戴しました)
先ほどは有難うございました。
見違えるような綺麗なノートに驚きました。本人、両親とも是非お世話になりたいと考えておりますのでよろしくお願いします。

【通塾半月後のメール】(2012年2月中旬に頂戴しました)
(塾での説明が全く理解できなかったということで臨時の指導をした直後に頂いたメールからの抜粋)
本日は有難うございました。
数列の問題がよく分かったと言っております。
通っている塾より格段に理解して来るので感謝しております。

《以上引用終了》



算数がまだ得意でない子には、予習シリーズの例題は酷かもしれない。
この子には基本問題を使ってポイントを説明し、演習問題集から宿題を出してチェックしていくことにした。
通っている塾での授業をフォローするように指導しているが、塾での説明がほとんど理解できていないようなら、予習優先にしようかと思っている。


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

卒塾生からの葉書。

昨年秋から指導したD君から葉書をもらった。
余りにも素敵な葉書なのでちょっとだけ公開させてもらうことにした。


桜の咲くバス停


遠方の生徒だったので急な質問にはスカイプで応えた。
「力強く算数を教えていただきありがとうございました。」から文面が始まっていた。
力強く教えてもらいありがとうございました。と言われたのは初めてだったのでとても嬉しかった。
貼り絵で作ってあって、手の込んだ葉書だ。
無事第一志望校に合格してくれて、今は地元の塾で進学準備授業に通っているとのこと。
少しだけかもしれないが、夢に近づく力添えが出来たように思う。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

単なるミスだったそうです。

前年と同じ問題が出題された件で、一応学校に真意をお尋ねしてみたところ、「入試担当」の先生はそのことを把握しておらず、後日お電話をいただき
「あれは完全に当方のミスでした」とのお答えでした。

改めて驚かされてしまいました。

ケアレスミスが一番もったいないと日頃から生徒たちに言い続けている身として、今回のことをどのように伝えるべきか・・・
勿論、私自身もミスをしてしまうこともありますが・・・


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

驚愕。前代未聞?

今年の○○中学の計算問題には驚かされた。
だって、去年と全く同じ問題を出したのだから。
過去問を一所懸命にやった子どもに有利なように?
(としか思えませんよね)
以前、別の中学入試の一行問題で同じことがあったように覚えているが、定かではない。

計算問題以外にも、今年の出題にも明らかに傾向があった。
過去問を徹底的に演習することはやはり受験の王道だとしか言いようがない。
プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索