体験授業の感想。(集団塾に通わず中学受験はできるか)

タイトルにある「感想」は、保護者の方の感想でもあるが、私の感想も少し入っている。

私の感想
『この子は集団塾に通わずに中学受験できるかもしれない。』

次のような方から体験授業の申込みをいただき実施しての感想だ。

(お子さんプロフィール)&(保護者の方の悩み)
現在小6。
これまで公立一貫校受験向けの塾に通っていた。
学校説明会に参加したら、公立校より私立校に魅力を感じるようになった。
私立受験の為には今の塾のカリキュラムは合わない。
私立受験向けの塾に変わろうかと思うが、6年この時期からで間に合うのだろうか。

ご相談への細かいお答えはここでは省くが、6年から中学受験塾に通っても未習のことが多くて苦労するのではないかということをお伝えした。
現在、中学受験向けの自習問題集(中学入試算数のつまずきを基礎からしっかり〔学研〕)を購入し、家庭で進めているとのことだったので、その教材で分からない問題について指導するという内容の体験授業を行った。

事前に分からなかった問題をピックアップしてきてもらった。
その問題の例題の解説部分をもう一度読み返させた。
その際、文だけを黙読していたので、図や式を鉛筆でたどりながら読む、詰まってしまうところは音読してみる。
といったアドアイスをした。
すると、苦労しながらではあったが、解説文中の空欄をきちんと埋められるようになった。
結局全部自分で理解することができた。
途中一度計算ミスをしたが、そこも自分で見つけられた。
もともと読書が好きなお子さんだとのことなので、こうした教材を使えば算数の自習もできるのではないかと感じた。

体験授業後の保護者の感想(メール)
『本日はありがとうございました。
教室を出て、「楽しかった!よく分かった!」の子供の声にとても嬉しくなりました。
分かった!解けた!の充実感は、成長させるパワーに確実になるのだな・・と思いました。
帰宅後の学習も久保田先生と学習した所の復習と、まとめのテストの前までのページを進めました。
「先生の言った通りにやれば、すごい出来る!」と自分で取り組んで学習しておりました。
体験学習とてもタメになりました。ありがとうございます。
主人にもすぐに体験授業の様子を報告し、本人も私たち夫婦も久保田先生のところにお願いしよう!と決めました。
(以下事務的な内容になるので割愛)』

今後の授業内容は、自学自習を中心に、次のようにしようと考えている。

『当面の課題は今やっている教材(中学入試算数のつまずきを基礎からしっかり{学研〕)を仕上げること。
家庭での自学の内容は次の通り。
(1)例題を読み、理解する。
(2)単元毎に例題が仕上がったら各ページの下にある確認問題を解く。
(3)確認問題が仕上がったら、まとめテストを解く。
(4)答合わせは全て自分でやる。
(5)間違えていたところは例題を見て、忘れていたことを確認する。
(6)例題での学習ができない時は、答えの解説を熟読する。
(7)それでも理解できない問題をピックアップしておく。

次の単元に進み、同じ手順で学習していく。
理解できない問題があってもそれをピックアップしたら、どんどん次の問題に進む。

私の授業時には、ピックアップされた問題についてのみ解説していく。
関連事項で他の問題の確認が必要な時はもちろんそれらも確認していく。』

国語は既に国語専科教室に通っているのでそこにお任せする。

理社については、算数以上に自習がしやすいのではないかと思う。
これについてはまた改めて相談していくつもりだ。

市販の教材も良いものがどんどん生まれている。
これらをきちんと使いこなせば、集団塾に通わなくても中学受験できると思う。
因みにこの生徒の今の第一志望校は四谷の80偏差値で50代半ばの学校だ。




テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索