ベン図について。

今日は、ベン図を考案した、イギリスの論理学者、ジョン・ベンの生誕180周年だそうです。
私は、授業では、この図を使うときは、「便利な図だからベン図というんだよ、あ、これは冗談ね」と言ったりします。
ベンという学者が作ったということは話しますが、180年も前に生まれた人とは知りませんでした。グーグルのトップ画面で知りました。
でも、このベン図、要素が3つの時は必須ですが、2つのときは、線分図の方が便利です。
しかも、1本の線の中に色々な要素を書き込むのではなく、要素毎に線を変えた方が良いです。
なかなかそういう解説の載った参考書は無いですね。紙面のスペースの関係もあるのか、1本の線の中に全ての要素が書き込まれている図が多いです。あれだと理解しにくいと思います。

余談ですが、ジョン・ベンの本来のつづりを見たら、John Vennなんですね。
だから、正しくはヴェン図と言うべきでしょうか。
いや、やはり、便利な図だからベン図ということで行きましょう。

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索