子どもの目

学校説明会に行った子どもに感想を聞くと、トイレが汚なかったのでいやだとか、和式便器だったのでいやだったとか言う子がいます。
今の子にとっては、産まれたときからウォッシュレット(洗浄式便器)のある生活だったのですね。
また一方で、素敵な在校生を見て憧れを強くする子もいます。
どの視点も大事なことだと思います。
本音で良いなーと思える学校に巡り会えた子は努力します。
そして、そう実力とかけ離れた学校を選ばないのが不思議です。
感覚が敏感なのだと思います。
中学受験での学校選びは、とかく親先行となりがちですし、それもとても大切ですが、子どもの素朴な本音も是非聞いてあげてください。