帰国生受験の体験記。(その2)

前回の記事の続きです。

以下、体験記の本文です。


上記(前回の記事で述べられた内容)の、受験問題を解けるようにするというテクニカルな点のほか、久保田先生のご指導で強く感じているのは精神的なサポートの的確さです。
親は子供の挑戦を心から応援しサポートしてあげたいと思っています。
しかし思いの強さはしばしば逆効果につながってしまいます。現状維持よりも少し上のレベルの学校に入れてあげたいと思うのが普通の親の心情でしょうから、多くのご家庭でお子さんに無理を強いてしまうのが受験勉強だと思います。
長女の場合は、久保田先生の指導と本人の真面目な性格のお陰で入塾直後は組分けテストの度にクラスが上がり、AクラスからBクラスへは順調に進みました。しかしここで大きな壁にぶつかります。何度も同じ問題を間違えたり、さらには受験勉強から逃避していると思われる様子がみられる様になりました。Cクラスに上がってもすぐにBクラスに降格するという事態が続きます。
壁を乗越えさせるために、現状維持以上の努力をさせなければならないという思いが親に出始めた時、きつい言葉が多くなります。おそらく親は自分と同じような分別のある成人を奮起させる場面をイメージしながら叱咤激励するのでしょうが、小学生の長女に伝わるはずがありません。気付けば長女はやる気を出すどころか完全に自信を失っていました。それがわかると親も自己嫌悪に陥り完全に負のスパイラルです。これが限界か、第一志望と考えていた学校は無理なのだろうかと考え始めます。
そんな時、久保田先生は冷静に正しい道を示してくれました。今の長女の学力は親が思っているほど悪くないこと、第一志望を諦める様な状況ではないこと、しかし努力して克服しなければならない弱点があることを淡々と、その根拠とともに解説して下さいました。
「大丈夫。」
だけでなく、「がんばらないとダメです。」というアドバイスには、いつもの説得力があります。
長女に対しても自信をもたせながら努力も促すという指導を、後半はして下さっていたと思います。
受験直前の窮地で、長女と私達両親が間違った方向に進まずに済んだのは、ここでも経験に裏付けされた久保田先生の的確なサポートがあった御陰であったと感じています。
(次回に続く)



身に余る言葉の連続で、引用するのも気が引ける気もするのですが、敢えてお父様の本音としてそのままに引用させていただきました。
真面目で、とても熱心に問題に取り組む姿を目の当たりにしてきたので、このお子さんの受験を何とかハッピーエンドにしたいというのが私の率直な気持ちでした。
1月の帰国生入試で不運な結果となりました。これについて、本人は英語と算数ができなかったことが原因と分析していたようですが、実は、受験校の先生に無理を申し上げてお聞きしたところ、「英語も算数もそれほど悪くなかった。失点が多かったのは国語だった」ということでしたので、敢えてそのことをご両親にもお伝えしました。
そのことで本人が再挑戦する気持ちになった様です。
私もそれを聞き、敢えて厳しく指導することとし、兎に角、「勝てる」受験生にしたいということを意識しました。
繊細な性格のお嬢さんの側面と、辛抱強く努力できるという側面とを併せ持つこの子を見て、暖かく見守ることと、厳しく突き放すことのギリギリの境界線を模索しながら指導していたように思います。
一度は涙まで見てしまいました。
やり過ぎたかと気にしつつ1週間を過ごしましたが、次の授業では、見違えるほどの逞しさで課題に取り組んでくれていて、正直、私自身が一番ホッとしました。
今思い返せば、このように半ば自慢げにすら語れますが、当時は本当に、私自身も必死で、判断力すら鈍っている部分もあったかもしれません。
でも、やはり、2年掛けて作った、私とこの受験生との絆は強かったのだと思います。
ひょっとしたら、以心伝心ということすら働いたのかもしれません。
真面目にひたすら私の言うことに徹する彼女の姿を見ていると、私自身も心底から嬉しくなりました。
こうしたお子さんとの出会いは、私にとっても貴重な天恵と言えるのかもしれませんね。

ご両親もそれを感じ取ってくださっていた様に思い、この手記を、実はとても嬉しく読ませていただきました。

改めて、私からも感謝を申し上げたいと思います。

帰国生受験の体験記。(その1)

今春第一志望校に進学されたご家庭から、受験体験記をいただきました。
これから受験される方への参考のため、また私の指導の様子を知っていただく為の資料として、何回かに分けて公開させていただきます。
保護者の方からは許可を得ています。

以下、体験記の本文です。


「両親では支えることのできない部分を久保田先生が支えてくれました」

長女は今年の春、無事第一志望に合格することができました。久保田先生の指導がなければおそらく無理だったのではないかと思います。
なかでも
(1)第一志望に合格するレベルまで子供の学力をあげるテクニックをお持ちであること、
(2)受験勉強という長期戦の要所要所で必要となるサポートを心得ていらっしゃること、
この二点が、久保田先生のご指導が長女を合格させてくれた大きな要因だったのではないかと思います。

5年生の4月に、米国から帰国したときから長女の受験勉強は始まりました。
渡米前から公文や受験参考書「自由自在」で受験勉強の準備を始めていたことに加え、数学が得意で授業態度も真面目な日本人であったことから、現地の小学校では優等生として先生やクラスメートから長女は高い評価を得ていました。

しかし帰国後に受けた入塾テストで棘の道が始まります。

SAPIXからは入塾のレベルに達していないとされ門前払いを受け、四谷大塚でも入塾の基準を満たさないという判定でした。
しかし帰国直後という不利な状況を加味し、今後の向上を期待して四谷大塚に受け入れてもらえる事になりました。

渡米数日後に英語もほとんど話せない状況で、クラスでたった一人の日本人として現地の3年生に編入した長女でしたが、勉強や体育ができたことから1ヶ月後にはクラスの人気者になっていました。
その後は現地校で特別扱いされることなく授業を受け、満足のゆく成績を残して1年半後に帰国したのですが、同じ時期に日本で受験勉強をスタートさせていた同級生に比べて、果たして長女の能力はいくつもの塾から門前払いを受けるほど低かったのでしょうか。
その事を、長女と何度も話すようにしました。確かに受験勉強のテクニックを身につけるという意味では、長女は大きく出遅れていたのでしょう。しかし長女が米国で子供ながらに受けた試練を乗り越える過程で身につけてきたものは、日本の受験勉強で同級生たちが既に身につけたものに比べて劣るものであるはずがない、それは2年後の受験の結果に反映されるものなんだと、何度も話しました。こうして長女が自信を失わないよう、両親は長女にとって信頼できる支えになろうと心がけることを意識し、最後尾からの受験勉強が始まりました。

実際に四谷大塚の授業が始まると、教材の内容や受験への心構えに関するアドバイスなど、蓄積されたノウハウに基づく指導のうまさに感心しました。
しかし多数の生徒を相手にする塾の授業は、一人ひとりの弱点に合わせてケアしてくれるものではありません。
それに気付いた妻が探し当てたのが久保田先生でした。

「予習シリーズ」を例にすると、はじめは宿題として出された課題もわからないまま過ぎてしまうことが多く、やはり塾の想定するレベルに達していないのかなと思うことも多かったのですが、久保田先生から「同じ練習問題の中には超一流校相当の問題も含まれている。御三家レベルを本命にしないのであれば練習問題のなかでも省いて良い問題がある」という指摘を頂き、納得しました。
こんなことは久保田先生に助言されなければ知る由もないことでした。
算数の解き方に関しても、塾で教わる解き方の他、面積図を多く活用することで濃度や比率に関するほとんどの問題が解けるようになることを教えてくれました。
塾の教えに画一的に従わせようと、理解できないものを強制的に覚えさせるのは子供にとっては大きなストレスとなります。久保田先生が長女にあった柔軟な解き方を教えてくれたことは、受験当日までくじけずに勉強を継続することができたことの大きな要因だったと思います。
以上は最近の塾の授業や受験問題のトレンドを継続して把握され、様々な志望校を目指すお子さんを指導されてきた豊富な経験に裏打ちされた久保田先生ならではのご指導だったと思っています。
(次回に続く)



長文ですので今回はまずここまでを引用させていただきました。
以下は私からの補足です。

在米中は優等生であったということはお聞きしていませんでした。
利発なお子さんとは感じましたが、自分で納得するまで先へ進もうとせず、集団塾の指導では未消化の部分が多いだろうと推察しました。
こういうお子さんこそ家庭教師や個別指導で伸びます。
でも、無理矢理に成績を伸ばすことは意図しませんでした。
まず一問一問の解き方をマスターさせ、その過程を通して、基本となる方法を身に付けさせようとしました。
実際、一回覚えた解き方、例えば面積図と逆比の利用とか、ダイヤグラムの使い方とか、そうした方法を新しい問題で自分から使おうとしてくれました。
初めはかなり時間も掛かりますが、自分で進もうとしている限り黙って見守りました。
これが良かったと思います。
基本となるツールを身に付けるには何回も使い、失敗し、修整していくことです。
何回も自発的に使っていて、間違いを修整してもらったり、詰まってしまった先への進み方を指導してもらえれば、各種ツールの使い方もうまくなります。速度も増します。
ジッと問題やノートに見入り、考え続けているこのお子さんの横顔は今でもよみがえってきます。
単に私のノートを写すのではなく、自分でノートに解法をまとめていきました。
このお子さんの第一志望校は、解き方も書かせる学校でしたので、これが効いたと思います。
勿論、答えだけ記入する学校の入試への準備としても、考え方も整理してマスターしていくという点で有効なのは当然ですが。
6年の1学期が終わるまでの学習では、こうした点が最も大事だと思います。
そこをチェックできるのは、やはりプロの先生だと思います。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索