デジタルなニュートン算

今年もついに中学入試本番開始。

いまや女子校でもニュートン算が出されるようになった。
毎年少しずつひねりの加わるニュートン算だが、ひねりの一つにデジタル化(私が勝手にそう呼んでるだけ)がある。
デジタル化とは、増える量が毎分何リットルのように一定ではなく、何分ごとに何リットルのような階段状の増え方になっているということ。
私の知るところですぐ思い出せるのは平成19年の世田谷学園2回目入試の5番。

今年の入試にもデジタル化したニュートン算があった。
(下記を参照してほしい。)
http://blog.goo.ne.jp/studiok_2006/e/6c0a86ac09298fa57f6d79f61f35d15f

http://blog.goo.ne.jp/studiok_2006/e/6c0a86ac09298fa57f6d79f61f35d15f

ニュートン算は慣れておけば比較的単純な考え方で解ける問題なので、受験生はこのような変化球にもしっかり耐性を付けておいて欲しい。

それにしても、各中学の先生方が今年はどんな工夫をされてくるのか、今年も楽しみだ。





テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

Tag : 中学受験 ニュートン算

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)