速さの問題。

2011年の中学入試も、速さの問題がよく出されている。
浦和明の星、灘(第2日)の問題がネットで公開されているが、どちらも速さの面白い問題が含まれていた。
これから難関校を受験する6年生には、是非挑戦して欲しい。

私は普段からダイヤグラムを書く練習をさせているが、この2校の問題とも、ダイヤグラムを書くことで問題の見通しがグッと明確になる。
どちらもただ難しいだけではない。注意深く文を読むと、様々な手がかりが仕込まれている。
浦和明の星についてはこのブログでも既に触れているので、その記事を参照して欲しい。
灘はダイヤグラムを書くことで相似が使える。
とても良く練られた問題だと思う。
両校の先生方に感謝。










テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)