民の見えざる口(Invisible mouth of people)

家庭教師や学校訪問など、普段の移動にはバイクを使っている。
だが、このガソリン不足の影響で、パンクしたままになっていた自転車を使うことにした。
近くの自転車屋さんに修理してもらいに行った。

修理の間、自転車屋のおじさんも話し相手が欲しかったのか、パイプ椅子を出して座るよう促してくれた。
修理とともにおじさんの話も始まる。
「親戚が茨城の鉾田にいるんだよ、大変だったらしいや。でもみんな元気だって分かってホッとしてるよ。」
「あの日は自転車が15台も売れた。中古の安いのから売れてくんだけど、最後は5万もするような自転車をその場で買ってく人もいたよ。若い女の子でも普段から金持ってるんだね。」
作業の合間には通りすがりのご近所さんにも挨拶する。
「あれ、みんな揃ってお出かけ?ひょっとして疎開かい?」
声を掛けられた4人家族はバツがわるそうに「まあ、そんなとこですかね」と足早に去る。
「あの家はすごいよ、上の娘はもう先に○○かどっかの南の親戚に逃げてってるんだ。俺なんてもっと若けりゃすぐ被災地に跳んでって何かするけどね。」
私も耳が痛い。
私は近所の生徒もいて、彼ら彼女らは徒歩や自転車で来るので来週も授業をする予定でいる。だから東京にとどまっている。

修理が済み、帰宅してネットニュースを見た。
ツイッターで「枝野寝ろ」と話題になっているそうだ。
#edano_nero
というのが生まれて書き込みが凄いらしい。
昼夜を問わず迅速に率直に情報を提供してくれる枝野官房長官をねぎらうということらしい。
内容の一部を引用する。

『不眠不休が偉いのか?本当に頑張ってるのか?という疑いは、もっとも。しかし、枝野氏が賛美され始めた理由は「説明が端的でわかりやすく、自分の言葉で国民に語りかけている」から。そこは疑う余地がないと思う。』

『枝野官房長官の会見、どんなに挑発的で低レベルでくだらない質問にも落ち着いて丁寧に的確に答えていてすごいね。中継最後の「東日本がつぶれる」発言云々の質問者は、何としても政府を叩きたくてしょうがないか、必要以上に不安や混乱を煽る記事を書くんだろうな、きっと。』

『枝野官房長官「(枝野さんは買いだめしてるか?という質問に)私自身自宅に帰っておりません」』

同時に同種の#が生まれていて、成る程と思ってしまった。

『国民感情一覧w - 東電職員頑張れ #toden_ganba 枝野は寝ろ #edano_nero 菅は起きろ #kan_okiro 自衛隊は食べろ #jieitai_tabero フジテレビは自重しろ #fujitv_jichou 石原黙ってろ #ishihara_damare』

エジプトの政権打倒を機にツイッターが注目されているが、ツイッターは「神の見えざる手」ならぬ、「民の見えざる口」そのものではないか。
日本でも、「民の見えざる口」が世論を作っていくように感じる。
これは健全なことに思える。







プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索