予習か復習か。

個別指導、家庭教師で算数を教わるなら次のやり方が考えられる。

(1)集団塾に通いながら算数をフォローしてもらう場合。
(1-1)塾で受けてきた授業の復習をしてもらう。
(1-2)塾の授業の、先の回を予習してもらう。

算数が苦手で私のところに相談してくる場合は(1-1)の希望が多いのだけれど、(1-2)に徐々に変えていくと塾の授業も理解できるようになり、しかも塾で復習が出来て理解度が格段に増す。
日能研の新6年生には先週のうちに春期講習前半の予習をして、5年までの弱点補強をした。
日能研の通常授業の教材「本科教室」は余計なことがダラダラ書いてある上に、無駄な空白が多くて運ぶのにも指導に使うのにも扱いにくい教材だが、春期講習テキストは、うまく選択された問題が余計な解説なしにただ並べられているだけなので非常に使いやすい。
教材を前渡ししてくれるのも助かる。
補助的に載っている「計算と1行」も家庭学習にちょうど良い。


(2)塾に通わず個別指導、家庭教師だけで進める場合。

応用自在とか合格自在などを使ってなるべくハイペースに全分野を指導してもらうのが良い。
集団塾と違い、苦手なところはゆっくり丁寧に、得意なところはさっさと仕上げるといったペース配分を細かく変えられるのがメリットなのだから、これをフル活用するのが最良だと思う。
早い子は、5年3学期までで一通りの学習が終わり、6年春から過去問演習に入れる。
6年から家庭教師や個別指導だけのスタイルに変える場合は6年の夏までに全単元のチェックを終えれば良い。
ただし、秋からは、大手塾の志望校別特訓に出ると良い。モチベーションが上げられる。


塾に通いながらの場合も、算数については、塾毎にカリキュラムは異なる。
ということは最良最適なカリキュラムは、こと中学受験算数については存在しないということになる。
裏を返せば、各人各人が、最適なペースで学習できるということだ。
それをしっかり設計、監督してもらえるのが個別指導、家庭教師のメリットだ。
そうした意味からも、6年の2月から7月が一番大事な時期と言える。





テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)