小さな喜び。大きな喜び。

家庭教師の依頼を受け、体験授業に向かう。
新しい駅に降り立つと、そこにどんな街が展開されているのかがとても楽しみだ。
美味しいラーメン屋さんがあったりするとそれだけでも嬉しい。
日常の中では小さいことかもしれないが、このワクワク感は私には貴重な喜びだ。

気が引き締まることもある。
駅前から依頼主のお住まいまでの間に、個別指導塾の看板を見ると、地元にこんな塾があるのにわざわざ遠方から私に声を掛けていただいたのかと、感謝の気持ちでいっぱいになる。
と同時に是非とも期待に応えたいと、気持ちが引き締まるのだ。

今年度も新たな出会いを頂いた。
この縁を大きな喜びに結びつけたい。
私の喜びはただ一つ。
子どもが成長することだ。
結果として合格にも結べ付けば最高だ。
勿論、合格を追い掛けることは大事なことだが、ただ合格させれば良いとは思わない。
私がいなくなっても成長し続ける人間になってもらいたい。
そのきっかけを与えることが私の最大の仕事だと思っている。

その街にしかない特別のお店をみつけることは小さな喜びだが、
その子にしかない特別の力を引き出すことは何物にも代え難い無上の喜びだ。





テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)