政治家にはがっかり。

「日本はひとつになろう!」とテレビは連日アピールする。
被災された方々、ボランティア、地方自治体職員、自衛隊員などの公務員、東電関係者
現場にいるあらゆる人たちは気持ちを一つに日々奮闘している。

ところが政治家は。

一番がっかりしたのは渡部とかいう民主党長老とかの行動。

衆議院予算委員会で次のような発言をしたこと。

渡部黄門が首相に喝!「政治経験がまだ浅い!」

「菅君、君の決断は良かった。
自民党の谷垣君に協力を仰ぎ入閣を頼んだのは良かった。
だが、そのやり方がまずい。
こういう話を電話で、というのはまずい。
やはり政治の経験が浅い!」

そんなことを何で今頃あのような公の場で発言するのか。
「俺は何でも分かってる」風に発言したのはなぜか。
自分の凄さを与野党員の前にアピールしたかったのか。
あの発言で日本がどう良くなっていくと思ってるのか。

谷垣氏に対し失礼だと感じたのなら、感じた瞬間に直接『菅君』に電話すれば良いではないか。
同じ党の幹部同士なのだから。
「あれはまずいよ、すぐ直接伺ってお詫びして改めて相談してみなさい」となぜ言えないのだろう。
あるいはそういう話をしたけれど聞いてもらえなかったから、止むに止まれずあのような公の場での発言となったのだろうか。

菅総理の現在の重責を思えば、今は面子(めんつ)を捨てて何とか少しでもサポートしようと思って欲しい。
何としてもまず被災者に、国民全体に、早く安心感を与えるということを最優先に考えて欲しい。

それは与党野党を問わず、代議士として集っている全ての方々にお願いしたい。





テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)