ここから7月までが勝負。

今日は中学受験する6年の指導生に限っての話をする。

新学年になり落ち着かなかった日々も、ゴールデンウィークで一区切りが入り、形が出来ていく。
四谷の子、日能研の子、サピックスの子
どの子も予習主体の授業をしてきたが、集団塾での授業の理解が増すようで、私の授業での指導の水準も2月に比べると随分と上がってきた。
現在の私の授業内容はだいたい次の通り。

日能研生:家庭教師生と2対1授業生の二人だが、共通しているのは「本科」の予習。
家庭教師の子は「深めよう」まで入れるようになってきた。
2対1生は、今週回からの質問も多いので、予習は「考えよう」で終わることが多いが、自分で考える力が増したので、「考えよう」をきちんと理解すれば「深めよう」も日能研での授業で理解できるようだ。

サピックス生:1対1生と2対1生の二人。
1本1生は算数が苦手ということで入塾してきた。本人が解きづらかった問題を事前にピックアップしてくるので、それを解説していく。ただ本人の現状に比べると少し難度の高い問題についての質問が多いので、解説の過程で基礎事項の理解度もチェックしている。
もう一人は放っておいても勉強する子なので本人が質問したいものを順に見ている。サピックスの教材以外からの質問も多い。視点を提示するだけで解き始めるから凄い。サッカーの長友のように、天与のものによるところ大としか思えない。

四谷大塚生:2対1生が一人。家庭からのご希望で、応用問題集の応用編を指導している。普段は今週回の学習を深める授業をしている。春期講習や学校行事での臨時休校の日には、先の回のポイントとなるところをピックアップして予習している。ご家庭でどこが弱いかを親子で相談しているようで、そのご希望に即して指導している。
記述のない難関校を第一志望としているが、考えをまとめさせるためにあえて記述指導をしている。思考を整理することの大事さが6年になってやっと分かってきたようで、今は嫌がらずにきちんと答をまとめていけるようになった。場合によっては押さえ校で記述が必要になるかもしれないし、第一志望校が変わる可能性もあるから、これはとても有効だと思う。

昨年は早稲田アカデミーに通うお子さんのフォローもしていたが、その子は夏休みからの指導だったので、弱点の洗い出しと過去問指導に専念し、塾の授業には直接コミットしなかった。ただし、偶に本人が質問があるという時があり、その時は塾の問題の解説をしながら弱点補強を行った。

例年、5年の秋から急に算数が難しくなってきて、それが6年になっても続く。
でも、6年になり、気持ちがちょっと変わり
ゴールデンウィークが区切りとなって学習姿勢にも落ち着きが出てくる。
ここから飛翔の準備段階が完成していくのだ。
脳自体の肉体的な成長ということも関係しているのかもしれない。

5年終わりから6年に掛けて身に付けるべきポイントは次の二つ。
一つ目は各種の図(線分図や面積図など)やツール(チャートや作表方法など)の意味を理解し、的確に使い分けられる力
二つ目は割合の感覚
この二つは連携して大きな力となる。

どの集団塾に通う子もこの二つがしっかりとしてきている。
これから夏休みまでが、準備段階のラストスパートになる。

では準備とは何への準備か。

志望校に特化した対策開始への準備だ。

志望校を意識した対策の段階に進むと、その過程で、改めて定着が弱かったところ、つまり、弱点が洗い出されていく。
夏はまずそこを補強していく。
その段階を超えると実戦的な過去問演習に入っていく。
個人差があるのは仕方ない。
夏の半ばで終わる子もいれば、9月後半まで掛かる子もいる。
いずれにしろ、その段階が終了するといよいよ実際の過去問演習になっていく。

今年はどの子も第一志望がはっきり決まっているので、生徒の準備への私の準備(?)もしやすい。
去年はどの子もなかなか第一志望が決まらず大変だった。

と言って、このまま変更なしではないとも思う。
夏の振り返り学習の進み具合から過去問演習へ入る時期が決まるのだが、その時点での子ども自身の精神状態も考慮してあげなくてはいけない。
今回は夏までの学習についての話なので、志望校の決め方についてはまた改めて。




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索