6年生B君。

彼とは今年2月からのおつき合い。
初回の授業ノートを見ると、旅人算と和差算とのミックスの問題を説明したが、和差算自体が分かっていなかったのでそこから指導した、とある。
大手の塾に5年の初めから通っているのに算数がさっぱり伸びないとのお母様からのご相談から始まった。
なるほど、これまでの授業内容がほとんど身についていなかったのかと思った。

質問は塾で使っているテキストからの難問についてだったが、その素になる基本問題も理解できていないようだった。だが、彼にもプライドがある。そこで、応用問題を解説しながら、その過程で基本知識の不足を感じた場合は、そこで基本知識を指導した。
塾の授業とは無関係に基本から立ち返って指導した方が良いか迷ったが、彼なりに塾の課題をきちんとこなしたいという気持ちが強かったようなので、まず塾の課題を終わらせることを優先した。その為、応用問題を指導しながら、そこに潜む基礎知識を指導するという手間の掛かる形になったので、こなせる問題数は限られてしまった。
でもそこで無用に急がなかったのが良かったのだと思う。
場合の数など、特定の分野については、その後の総合テストでも失点しなくなってきた。
夏休みには、「ベストチェック」を使い、これまでの知識の総ざらいをすることにした。
あれもこれもの抜けの数々だったが、よく頑張り、秋早々には総復習が終わった。
今は志望校の過去問演習に打ち込んでいる。
そこでまた脆弱な分野が出てきたら、その単元を集中的に復習すればよい。
過去問をやっていると、「ベストチェック」に載っていないものも出てくる。そういうときはその問題に則し、まだ身についていない考え方を指導する。
そうした知識をまとめるために、彼には「公式ノート」を作ってもらった。
ここ一ヶ月ほどは、解けなかった問題についても、少しのヒントで正解までたどれるようになってきた。
彼はもの凄く内気なタイプで、初めのうちは私の質問に答えるのに、そもそも声を出すのにも一苦労しているようだったが、今は自分から「今日はこの問題からやってください」と発言できるようになってきた。
まだ全分野を完璧にカバーできたという状態ではないが、過去問に多く出る分野はしっかり固まってきている。
ここ一ヶ月の急な伸長を来年2月まで保っていきたい。

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)