6年生C君。

5年の秋から通い始めてくれた。
算数が苦手ということで日能研の算数授業の補習を希望された。
スポーツ少年で、責任感が強く参加しているクラブのレギュラーをなかなか辞めることができず塾の学習が手薄になっていたようだった。
毎週「本科教室」(日能研の授業テキスト)の「考えよう」を1番から順番に学習していった。
線分図や面積図の意味を充分には習っていなかったようで、どうしても形式的な暗記になりがちの学習姿勢を、解法の本質を極めるという姿勢に改めるのが大変だった。
ノートの取り方はしっかりできていた。
真面目な子に、ノートをしっかり書いて、それが学習の本質と思ってしまう子が偶にいるが、彼はその典型だった。
時に反発されることもあった。こんなに丁寧に一所懸命に問題を解いているのに何で注意されるのだろうと思ったのだろう。
それでもスポーツ活動で培われた根気はしっかりしていて、毎週きちんと通ってくれた。
お母様のお話しでは、日能研の授業が分かるようになって楽しいと言っているとのことだった。
私の前ではそんなそぶりはほとんど見せなかった。

やがて6年の2月となり、こちらの空きができたことで、家庭教師へと変更された。
このころになると学習姿勢もしっかりとしてきたこともあって「深めよう」まで進めるようになった。
やがて、「深めよう」の学習も済んで、次の回の予習ができるようになってきた。
こうなると日能研の授業が一層分かりやすくなったようで算数でのカリテの成績も上がってきた。

そして夏休み。
夏休みで一番感心したのは、これまで使ってきた「本科教室」で手の付けられなかった問題を全部復習したことだ。夏休みの学習で一番良いやり方だと思う。
使う教材を使い倒す。とことんやり尽くす。これがとても大事だ。
彼はそれを実践できた。

秋からは過去問演習に入りたかったのだが、日能研からはまだやるなと言われていますの一点張りでなかなか開始することができなかった。
志望校ははっきり決まっていた。
そこで、彼の志望校のかなり前の過去問(傾向は今とあまり変わっていない)をプリントにして補習課題として宿題にしていった。勿論校名などは一切載せていない。
これはきちんとこなしてくれた。
これが功を奏したと思う。
傾向に即した分野での学習の再確認が進められたからだ。
押さえの学校のものも混ぜた。

今は教えたことをきちんと解法に活かしてくれている。
中途半端なところでヒントなど出そうとすると、ちょっと待ってくださいと注意されることもある(笑)

先日の授業では、かなりの難問を学習し終えた後に次のような感想をもらしてくれた。
「この問題、昔の僕だったらきっと問題文読むのもめんどくさかったと思う」

問題の本質をつかむこと、図形問題で言えば、補助線をどこに引いたら良いかといったことが素早くできるようになってくれた。
彼にも学習することの楽しさが伝えられたような気がして、彼との勉強も私の楽しみになっている。

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)