体験授業の感想(内部進学予定の私立小学校生)

年度の変わり目に加え、春休みでもあり、体験授業のお申込をいただいた。
実施後にお母様からいただいたメールから、感想の一部を引用させていただく。
「私立小学校に通うお子さんが算数だけどうしても思うような得点を挙げられない」というご相談をいただき、家庭教師の体験授業に伺った。

【以下引用】
『先日は授業を体験させていただき、ありがとうございました。
先生が帰られた後、すいすいと理解できたことが余程うれしかったのか、
私に「ママ、これわかる?」と言って問題をだしてきたり、ノートを何度も読み返したり
とても興奮しておりました。
本人は先生との勉強を熱望しており、翌日からスキー合宿に向かう途中で
主人にやらせてほしいとお願いしたそうです。』
【以上引用】

ご両親とも「あまりガツガツと勉強をさせるのは反対だが、こどもが成績が上がらず困っているようなので何とかしてあげたい」ということで色々探され、私の塾もネット検索でみつけてくださったそうだ。
まだ新小5で内部進学の準備ということなので、新学期から隔週の指導を始めるということで良いのではということになった。
今はのびのびと春休みをエンジョイしているらしい。

これまでも同様のご相談をいただき、偏差値60以上の複数の学校も含め何名もの付属生の指導をした。
どの子も小学校の授業のフォローだけで内部進学をこなし、中学進学後も並みいる中学受験生たちに全くひけを取らない成績を挙げてきた。
算数が苦手だった女子でも、中学時代は数学で平均点を取るのがやっとだったのが、高校の内容になったら平均以上を取れるようになった。
中学受験した子は、初めは貯金で努力せずに上位を維持できるが、高校数学の内容になってくると地道な努力をしていた子に、いつの間にか追いつかれ追い越されてしまうということなのかもしれない。
内部進学した子は、自分のペースで学習し続けるということが中高6年間でも維持できるようだ。

ただ、中学受験生か内部進学生かにこだわる必要もないと思う。
どういう環境であっても、学ぶことの楽しさをつかめた子は伸びるということだろう。



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)