一番うれしい。

個別指導、家庭教師をしていて一番うれしいのは合格の報を受けた時ではない。

指導している子の力が確実に伸ばせたと実感できた時だ。

例えば5年生の初めから家庭教師を開始したAさん。
ご相談を受けたのは昨年の2月頃だった。
毎週末の確認テストの算数の成績は偏差値30代前半だった。
週によっては20代となってしまうこともあった。
ところがここへきてやっと40を超えるようになってきて、最近は続けて50を超えるようにもなってきた。
これが一番うれしい。
私との出会いがなければこの子の力はここまで伸びなかったはずと実感できるからだ。
人に良い影響を与えられるのは最高の幸せの一つだと思う。

この子の第一志望は偏差値50代後半。今の成績ではまだまだ届いていない。
そもそも指導を開始した当初は考えもしなかった学校だ。
だが、他の教科とのバランスで考えると、今の調子がこの1年維持できれば決して無理な志望とも言えなくなってきた。
伸びたきっかけは割合の感覚が身についたことだと思う。
一日にして身についたわけでは無い。
毎週毎週、単元を変えながらも、いつも割合を意識しながら学習してきた結果だ。
濃度、平均、速さ、仕事、グラフ、平面図形
割合という視点で見れば全てをつなげて学習することができる。
この感覚がやっと伝わってきたのだろう。

この子自身の脳の発達ということもあるのかもしれないが、良い流れは長い視点、大きな視点で育てることで初めて作り出せるということだと思う。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索