ファックスの活用。

小6の生徒は過去問演習に入った。
今年は熱心な保護者の方が多く、複数のご家庭から、過去問演習をした内容をファックスで送っていただける。
事前にどう解いたかが分かると、単にできたかできなかったかだけではない、もっと細かな現状が把握できてとても助かる。
今やファックスも、ご家庭にも決して珍しいものではなくなった。
いや、コピー機と兼用の機械も増えた。
そうした機材をフル活用して親が子に協力する。そうした連携はとてもありがたいし、嬉しい。
中学受験は、親子で連携出来る最後の受験とも言われる。

また明日から新たな週が始まる。
一人一人が異なる課題を抱えているが、受験を突破したいという思いは一つだ。
受験学年ではない子も含め、この1週間のそれぞれの課題を書き出した。
日曜の夜は一番燃える時でもある。
この準備が次の1週間を活気づけてくれるからだ。

受験生よ、決して焦ることはない。
この1週間がまだまだ何回も続けられるのだから。

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)