ベンジャミン・フランクリンの教え

最近、福翁自伝を読みました。
慶應義塾を作った福沢諭吉の自伝です。
国情への思いを馳せつつ、政治には距離を置きながら、教育という切り口から、日本という国家をどのように鍛えていけば良いのかと努力し続けた様子がありありと伝わってくる名著だと思いました。
『ほらを吹く沢、うそを言う吉(福澤諭吉へのダジャレ)』という言葉があるそうです。
大言壮語の一面がある人だったということらしいですが、かなりの大酒のみの様でしたので、飲んだ勢いで言った言葉を捉えての皮肉かもしれません。

さて、この本については様々に語られていますので、ここではもうこれ以上触れません。

福翁自伝について、福澤自身が、フランクリンの自叙伝に刺激され作る気になったのだろうということがwikipediaに書いてありました。
それが気になり、フランクリンの自伝も読んでみようと思いました。

すると、ハイブロー武蔵という作家が、フランクリン自伝から教訓となることを抜き書きした「人生を幸せに導く13の習慣」という本を出していると知りました。
まずはこちらの本を読んでみることにしました。
そうしたらやはり良いことが書いてありました。
受験生にも役立つ(勿論、私自身にもとても役立つ)ことを抜粋して箇条書きにしておくことにしました。

1,飲み過ぎ、食べ過ぎない。
2.お互いの利益にならないこと、余計な無駄話はしない。
3.自分の持ち物は全て置き場所を決めておく。
4.仕事や学習はそれぞれ時間を決めて行う。
5.無駄遣いをしない。
6.時間の無駄遣いにも注意する。
7.極端な行動をしない。
8.むやみに怒らない。
9.清潔を保つ。
10.つまらないことに心を取り乱さない。

当たり前のような、些細なことのような
でも逆に言えば、忘れてしまいがちなことばかりのような気がします。
折に触れ、これらの教訓を思い出していこうと思っています。


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)