算数アレルギー

算数の家庭教師、個別指導というと、中学受験の為と思われる方が大半だと思われますが、逆に、1対1だからこそ、本当に算数学習に困って、あるいは、特別のニーズでの相談をいただくことがあります。

かつて、小6になったばかりのお子さんについて、あるお母さまからご相談を受けたことがあります。
「この子は中学受験はしません。
ですが、なかなか学校での算数の成績が伸びず、このまま中学に進んでも数学で苦労するのではないかと思い、心配でなりません。
ですから、今から高校受験の準備を始めてもらえませんでしょうか。」
それが相談内容でした。

学校で使っている教科書の準拠問題集を進めていきました。
ところが、始めてみてすぐに感じたのは、「この子は決して算数が苦手なわけではないな」ということでした。
各設問の内容もしっかり理解し、ポイントを説明すると、しっかりと解けます。
学校の授業や教科書の内容が、あまりにもゆっくり過ぎて、彼には興味を呼ぶものではなかったのかもしれません。
それが、算数は面白くないということにつながってしまって学習に力が入らなくなってしまったようでした。
ですから、私の授業では、準拠問題集は早々に切り上げ、高校受験用、というより、中学学習、つまり数学の問題集の演習に入りました。
当時、名門私立中学に通うお子さんのフォローもしていたので、思い切って、その学校で副教材として使っている問題集をやっていくことにしました。
するとどんどん進むのです。
彼は、自分の頭を使う場を与えられていなかったのではないでしょうか。
小学校の先生は、先生として熱心にカリキュラムに沿った指導をしていたのだと思いますが、彼にはそれがまどろっこしくてつまらないものに思えていたようです。
算数は退屈、俺には合っていない、だから勉強もしない。そして成績も上がらない。
そんな状態で5年生を終えていたのでしょう。
中1用の問題集は小6の半ばから始め、実際に中1になってからは、秋には全部終わりました。
彼も自信がついたのか、それを機に、私のところは卒業し、自分での学習を始めるということになりました。

もしあのまま中学生になっていたら、算数の成績は伸びず、苦手意識だけを持って中学に進学し、きっと数学への興味を持てなかったろうと思います。
それにしても、数学の学習ぶりについて言えば、名門私立中学に実際に通っていた生徒より、地元の公立中学に進んだ彼の方がまさっていました。不思議なものです。



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)