文房具

最近驚いたことの一つに、筆記具の変化ということがあります。

パイロットが開発した、フリクションボールのことです。
そう、あの消せるボールペンのことです。

私も発売当初から、これは便利と愛用していましたが、私が使うのは、主に本への書き込みでした。
私は小説なども含め、読んでいる本に書き込みするのが大好きです。
勿論図書館の本にはそうしたことはしませんが、借りて読んで面白かったりすると、書き込みをしたいが為に、購入したりします。
どんなことを書き込むかと言えば、エッセイや新書の場合は作者への突っ込みです。
小説の場合は、印象的な場面やセリフへの感想です。
小説の構造を考えるためのメモをすることもあります。
以前はボールペンでやっていましたが、思った以上にコメントが長くなったり、書き間違えたりすると非常に汚らしくなってしまいました。
ですから、このペンの存在を初めて知ったときはとても嬉しかったです。
書き間違えたり、書いてみてちょっと違うなと思ったときに、いくらでも修正できるのですから。

ところが、ある小学生が、このペンを日常の学習に使っていたのです。
それに驚かされました。

フランスでは、日常の学習に鉛筆の使用を禁止していて、万年筆やボールペンが必須という記事を読んだことがありました。
その為、このペンがフランスで爆発的人気だそうですが、日本では鉛筆の使用が奨励されていると思います。
ではなぜその生徒は鉛筆ではなくフリクションボールを日常の学習に使っていたのでしょうか。
答えはいたってシンプルなものでした。
いくら消しても、消しカスが出ないからだそうです。
なるほど、摩擦熱でインクが化学変化を起こし見えなくなるのですから、消しカスは出ませんね。
さすがに学校では鉛筆を使っているようですが、家庭学習では、算数の問題を解くのもフリクションボールでした。
特に問題はないですね。
むしろ図形問題などでは色を変えることで相似などの読み取りが一層見やすくなります。
そして、書き間違えたらすぐに消して修正できるのですから、これは本当に便利です。
面積図や線分図の変化を考える問題にも効果的です。

と言いつつ、算数を解くときには私はやはりシャープペンが一番だと思っています。
書き味や書き心地、修正の楽さなど、理由は色々です。
古い人間なのでしょうかね。

こうした好みの違いは、解き方の違いなどにもつながるのでしょうかね。
私は、濃度の問題に天秤を使うのが好きになれません。
逆比自体はどんどん使わせますが、面積図で実感を伴って使うようにと指示しています。

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)