ダイヤグラム

6年から指導を始めた生徒の基礎力フォローをしている。
サピに4年から通っていたということだが
植木算の、間の数と木の数の関係すら、きちんと定着はしていなかった。
だが、決して理解力がない分けではない。
旅人算も基本から説明しているが
他の問題の準備も兼ね、ダイヤグラムで説明している。
塾では、線分図のような横線だけの図で説明されているので、
ダイヤグラムの右に、たての移動だけの線を書いて、塾の図との関係も説明している。
すぐ本質を理解できた。
ダイヤグラムを使い慣れると、他の問題へも応用が利くので、なるべく使うようにしている。
算数に詳しい保護者の方から「こんな簡単なものにもわざわざダイヤグラムを使うのですか?」
と質問されることもあるが、その問題を解く為というより
これからどんどん出会う、より複雑な問題への準備として使っているのを分かって欲しい。
サピのプリント教材は、既習事項の復習には不便なので
四谷の「四科のまとめ」を使っている。
この教材も、簡単な問題は、簡単な解法しか載せていないので
単元によっては、例題のやり方を参考にしてはいけないと話すこともある。
割合を使う時のマークの付け方。
計算する時の分数の活用の仕方。
そうした点も併せて指導している。
4年、5年の時には何をやっていたのだろうと思う。
基礎のフォローが入ったからだろうか、今は毎週の授業はしっかり理解できているとの話だ。
本当にどこまで信じて良いのかは、次のテスト結果を見てみないと分からないが
とにかく今は基本の抜けをフォローするのが先決だ。
時間が余れば、毎週の塾授業のフォローもするつもりだが
「四科のまとめ」の解説でちょうど時間となってしまう。
生徒自身もそれで良いと言っている。
志望校がはっきりしているので、
私としては、「四科のまとめ」を夏前に仕上げて
夏から過去問演習に入るつもりだ。

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)