電動自転車

ずっとバイクに乗っていた。
そのバイクが寿命で昇天したのが昨年の夏。
あれから約1年、これまで電車とバスの日々だった。
だが、メーカーに勤める知り合いから、在庫調整のためとのことで、
最近、格安電動自転車の案内を受けた。
あまりの安さに思わず購入。
実は、最近、生徒(と近所の飲み友達)の為に駐輪スペース確保の工事を行ったのだ。
だから停める所はあるので、すぐ購入と決めた次第。

乗ってみて驚いた。
何だこれ!まるで後ろから誰かに押してもらってるみたい。
どんな急坂でもスイスイ漕ぎ進める。
ところが、しばらく乗ってみてあることに気付いた。
いくら電動自転車でも、自分が漕がない限り、いつか止まるのだ。
フル充電状態だろうがそれは同じこと。
そこがバイクとは違う。
バイクは、アクセルさえちょっとひねっておけば、バイクが自動的にどこにでも連れて行ってくれる。
ところが電動自転車は、こちらが一所懸命漕いで、初めて助力が得られるのだ。

個別指導の本質もこれだ!
と思った。
つまり、あくまで本人が主体的に動こうとしない限り、学習が先には進まないのだ。
不登校の子でも同じ。
本人に何らかの焦りがあれば、こちらの投げかけにもそれなりの応えがある。
本人さえ少しでもやる気を出せば、いくらでもサポートの力が湧いてくる。
これはまさに電動自転車そのものではないか。

電動自転車に乗って、自分のやるべき事を改めて確認できた!
と言う次第だ。

あまりにも月並みな話かもしれないが、分かる人には分かってもらえると思う。

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)