塾テキスト雑感。

激務の合間をぬって(笑)、「夏の教室」(久保田塾の夏期講習の名前)に於ける
5年生のカリキュラムを考えた。
今年は「サピックス」「日能研」「四谷大塚」の各生徒がいるので、
改めて各塾の1学期の教材を見直した。
やはりサピックスの教材は良く出来てるな~と感心する。
カリキュラムはまあまあだが、何より良いのは載っている問題の内容だ。
基本から応用へ、自然に発展している。
実に教えやすい。
また、解説が手抜きなのが、私にとっては何より助かる。
(これは皮肉ではありません)
発想自体は良いのだが、その説明の式があまりにも簡単にしか記されていないのだ。
だから読んだだけでは殆どの生徒(及び保護者の皆様)には意味不明なのです。
そこをどう補足するか、これが個別指導講師の腕の見せ所!
問題によっては、サピックスの教材に載っていない別解を指導することもある。
全く違う単元の問題と、根本でつながっているのだというようなことが生徒に伝えられたとき
無上の喜びを感じる。
私の解法に対し、サピックスの教材の解説から新たなヒントを得ることもある。
こういう経験は、日能研や四谷大塚の教材からは感じたことがない。
5年算数の教材についてだけ言えば、
「日能研の教材は趣味に走りすぎで、習う側(および教える側のこと)を全く考えていない!」
「四谷大塚の教材はポリシー皆無で訳わからない!」

と言いながらも、各生徒に責任はないのだから
あくまで、既習事項を踏まえての夏の学習としなくてはならない。
そして、実は、どこの塾にも共通のことがある。
一言で言えば、夏の課題は、どこに通う子どもにとっても、ただ一つということだ。
それは何か?
「割合」の完全掌握だ!

6年になってからのご相談も少なくない。
そうした子ども達にほとんど共通に言えることがある。
それは「割合」の感覚の欠如だ。

30を40と比べなさいと言われたとき
「10小さい」と感じるか
「75%」と感じるか
これは大きな違いだ。
そして大きな壁だ。

算数に於ける
いや子ども達の人生に於ける
最初のコペルニクス的展開と言えるかもしれない。

久保田先生に5年のうちに出会えて良かった
こう言ってもらえるように頑張るのだ

おっと、これを読んでしまった6年生(とその保護者のみなさん)
決してがっかりすることはないよ。
しっかり過去問対策するからね

中学受験に於ける最良のテキスト
それは各中学の過去問に他ならない。

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)