初めて救急車に乗った。

3月17日(火)午前
突然に右足全体に激痛が走った。
一人で作業中だったのでしばらく痛みに悶えながら回復を待った。
だが痛みの引く気配は全くない。
右足全体が攣(つ)ってしまったような痛みが続く。
いやもっと激しい痛みだったかもしれない。

実は昨年9月から右足に微妙な痛みを感じるようになり、一度整形外科を受診した。
椎間板ヘルニアとのことだった。
軽度なので投薬治療で様子を見ましょうということになり、薬を処方してもらい飲み続けていた。
医師の指示に従い、痛みが引いては薬を止め、また痛みを感じると飲むということを続けた。
ところが今年の受験直前から、薬を飲んでも痛みが引かないことが増えてきた。
受験がみな済んだら再度医者に行こうと思っていたのだが、確定申告があって、それが済み次第に病院へと思っていた。
そうしたら、まさに申告書を提出した翌日、この痛みが襲ってきてしまったのだ。

やむなく119番をダイヤルした。
この程度で呼んで良いのかとも心配したが、家族も親戚も皆すぐには駆け付けられない状態で、小一時間も我慢しても一向に痛みの引く気配がないから仕方なくダイヤルした。
救急隊の方々はとても親切で、無理しないでと言いつつ、テキパキとことを運んでくれた。
昨年受診した病院はベッドがいっぱいということで受け入れてもらえず、いくつかの候補を当たった上で、最も近い病院のひとつを選んでくれた。
「赤信号通過します」のアナウンスを何回か聞きながら安静のまま病院まで運んでもらった。

病院では(食事中だったらしい)医師がすぐに駆けつけてくれ、状態をチェックしてくれた。
以前の担当医とほぼ同じ診断なのでなぜか少し安心した。
レントゲン、CTの撮影に入り、とりあえず今日は入院だなということに。

投薬と点滴と安静。
この3つが当面の対策だとのことで、ずっと横になっていた。
痛みは少し薄らいだ気もするが、耐えがたい状態であるのは変わらない。
しびんが用意され、大については、ポータブル便器を持ってきましょうということになりかけたが、
「お願いです、それだけはご勘弁を」ということで、必要な時は車椅子で看護師さんに連れていってもらうことにした。
痛いので食欲も湧かず、ひたすら寝ていた。
幸い便意をもよおすこともなく、時々しびんのお世話になるだけで済んだ。
若い女性の看護師さんにでも平気でしびんの処理をお願いできた。
このまま小だけで済んでくれないか。
しかし、いくら食べていないとは言え、3日目にはついに大の便意が来てしまった。
背に腹は代えらえれず、ナースコールをする。
だが、これも、いざトイレに着くと、もう人の目など気にならない。
ゆっくりだが何とか便器に乗り移り、後は一人でどうにか出来た。
全て処理が済むと、傍らのボタンでまた看護師さんを呼ぶ。
いずれもうら若い女性看護師さんなのだが、何の気まずさも感じない。
当たり前だ。
向こうはプロなのだ。

私が指導していて一番困るのが、恥ずかしがってかプライドを守るためか
自分の試験結果つまり成績をはっきりと伝えない生徒(あるいは親)がいることだ。
(去年の生徒のC君がこのタイプだった。)

試験は規模の大小を問わず、現状の把握には最も便利なのだ。
その最大の特性を活かそうとしないのだから勿体ない。
悪いからこそ、どう対応したら良いのかとこちらの知恵を働かせることもできるのだが、
それを見せてもらえないのでは対応もしにくくなる。
普段の授業の出来は悪くないのに、試験になると点数が取れない子など
答案の内容を見ることで、色々なことが分かってくる。
式や図は書けているのに計算ミスをしてしまったとか、
理解がパターンのレベルで終わっているので、少しの応用で戸惑ってしまったとか、
また、計算ミスと一口に言っても、ある段の九々での間違いが突出しているとか、
分数の処理の基本が身に付いていないとか、
とにかく答案を見るとその子の現状がありありと伝わってくる。

こちらに毅然としたプロ意識があれば、生徒も当たり前だと思って持ってきてくれるのか。

今年の生徒たちは皆試験結果や答案を積極的に持ってきてくれるので問題ない。
私の生徒に限らず、個別指導、家庭教師を受けている方は積極的に先生に自分の試験結果を見せるべきだ。
そうしたものは見なくても実力は分かると思っている先生もいるようだが、
肌で感じる力と、試験から得られる客観情報とが一致しているかをチェックするというのも大事なことだ。

医師、看護師の世話になる時は命にすら係わる状況だから緊張感も増し、恥ずかしいなどというレベルを超えるということなのかもしれないが、
私の仕事も、預かっている生徒の一生のメルクマールを左右するという意味ではかなり重みのある仕事だと思っている。
受ける側もそれ位の意気込みの私に対して欲しい。

幸い終業式に間に合うように退院でき、春期講習は予定通りにこなせている。
痛みの再発はない。
いざとなればまたあの先生に診てもらえば良いのかという安心感を得られたことが何よりうれしい。
私自身が、生徒たちからそのように感じてもらえる存在であり続けたいとも感じている。

初めての緊急入院から、自分の仕事について、少し違う視点から見直しが出来た。


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索