子どもへの接し方。先生の使い方。

この時期、保護者の方からのご相談が増える。
志望校選択、弱点の補強法、夏の過ごし方など、悩みは尽きないと思う。
その中でも特にお困りなのが、子どもが振るわないときの子への接し方のようだ。

「なんでこんなのが出来ないの。こんなんじゃ○○中学なんて受かるわけないよ。」
思わず口をついて出てしまう言葉。
言ったそばから後悔の念が襲う(と思われる)。

難しいとは思うが、こう言うとき、次のような言い方は出来ないだろうか。
例えば家庭教師の先生をお願いしている場合。
「○○中学受けるなら、この問題もしっかりマスターしておかなくちゃね。分からなかったら、次、先生が来たときに説明してもらいなさい。」

今考えるべきは、どこの中学なら受かるかではなく、どこの中学に受かりたいかだ。
そして、受かる為にはどうしたら良いか、と考える。
どこの中学なら受かるかは、秋後半に考えればよいこと!

とは言え、学習態度、復習内容の深度など
親から見ていると歯がゆいことの連続だと思う。
でもそういうときに感情的に注意しても逆効果。
子どもは親の「上から目線」をことごとく嫌う。
「あなたのここがダメ、こうすれば良いのよ」
親が言いたくなるのも分かるが、
分かっていることでも親から言われただけで反発してのが子どもの常なのだ。
そういう時は代わりの誰かに言ってもらい、親は子どもの最大の味方で居て欲しいと思う。

個別指導の先生や、家庭教師の先生がいるということは、
細かな疑問に的確に答えてもらえるということなのだから、フルにそれを活用して欲しい。
これは当たり前のことで、そうした先生にはむしろもっと重要な仕事がある。
親の言いにくいことを代わりに子どもに言って聞かせ分からせるという仕事だ。
私は、私をそのように使うようにと、親御さんには、ことある毎に伝えている(つもりだ)。

「子どもが上辺だけの学習しかしなくて困っている。」
「学習の効率が悪くて毎週のやり残しが多い。」
まあ挙げだしたら切りがないが、こうした不満を親が感じてしまったら
それを直接言うのではなく、個別指導家庭教師の先生に言ってもらえば良いのだ。

受験戦線、子どもは受験目指して必死に戦っている。
塾や家庭教師の先生は横で同じ方向を見て一緒に戦う同士みたいなものだ。
(いや、単なる同士じゃちょっと心細い、作戦本部長くらいでいて欲しいね。)
親は、その後方から子どもをしっかり見守っている存在であって欲しい。
子どもがふっと疲れた時に、前線は先生に託し、ちょっと後退して振り返ると親の優しい笑顔がある。
これが受験戦線の理想の形だと思う。
物騒な例えになってしまったが、親と子と先生との関係は的確にイメージして頂けたと思う。

最後に、最近一人のお母様から受けた相談への私からの返信メールの一節を引用しておく。

『お母様自身がいつもニコニコしていられるのがベストです。
うわべで褒めたりおだてたりしてもあまり意味ないと思いますが、
うわべでニコニコはお母様自身の為にも良いのではないでしょうか。
無理矢理笑っていると、心も笑ってきます。
それがお子さんの為にもなります。
騙されたと思って実践してみてください。
騙されたと思ったら、私にクレーム付けてください。』

こじつけでもう一言。
『笑う過度にも福来る』






テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索