インフルエンザ対策

インフルエンザの影響は中学受験にも表れている。
欠席する生徒がいる。これは勿論想定内のこと。
逆に、本人は元気なのに学校が休みとなって本人がもてあましているようなので宿題を多めにだして欲しいという、保護者の方からのリクエストもいただいた。
今年初めて体験してびっくりしたのは、文化祭や学校説明会などの学校行事を中止にする学校が出たことだ。
情報収集の貴重な機会が減ってしまう。
感染の機会を減らすことを優先したということなのだろうが、今年一年だけが受験という家庭にとって、この措置はどうなのだろう。
一定人数の欠席者がいないクラスはクラス閉鎖にもならずに満員電車で通学している。
学校行事も、是非例年同様に開催実施してもらいたいと感じる。消毒アルコールを各所に置いたり、手洗いを頻繁に励行させることなどで対応できるように思う。

私の塾では、ニュースで効果があると聞いてすぐに、三洋電機のウイルスウォッシャーというのを購入し、教室に設置した。お陰で、私自身、また家族にも感染者は出ていない。また生徒間の伝染もないようだ。
ウイスルウォッシャー
ウイルスウォッシャー教室

生徒の中には、来るなり「先生、手を洗わせてください」と言って洗面に行って念入りに手洗いした上に殊勝にもうがいまでしてくる者もいる。
段々寒くなってきて、これからの時期、受験の最大の敵は病気だ。
健康管理は家庭で出来る一番の応援と思う。

各学校も、安易に休校や行事中止に走らず、出来る限りの予防対策に努力して欲しいと思う。


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索