国語力。あるいは本格的な受験準備の開始の時期について。

私の指導への希望は算数が多いが、中学受験する小6生ですら、算数の問題文の読み間違いや勝手な思い込みでの勘違いをする子がいる。
集団の授業だと、自分がどこで間違えたか以前に、問題を正しく読み取れていないことが原因で、先生の説明が全く理解できないということもあるのかもしれない。

個別指導や家庭教師の利点は、その子の式や質問から、そもそも正しく出題内容を把握できていないのかもしれないと推察できることだ。
分かってないぞと感じた時は、式の意味や質問の真意を聞いたりするし、もっと手っ取り早く問題文を読み返させたりもする。
音読で読み返させるとそれだけで間違いに気づく子もいる。
単に国語力の問題だけではなく、性格や気質の問題であるかもしれない。
だが言語情報、文字情報を正しく把握するということは訓練で鍛えられうと思う。
だから初等教育ではまずその点を重視して欲しい。

低学年の保護者の方からの問い合わせが増えてきた。
大手塾の指導開始学年が下がったことや、出版業界での子供の能力開発本の増加などが原因なのか、低学年から中学受験を意識し、その準備を始めようと考える親御さんが増えたのだろう。
だが、これまで送り出した子供たちがどんな教育環境にあったかを聞いてきた限りでは、小さい頃に特別のことをやらなくても心配はないと思う。
2年とか3年でまずやることは豊かな言語生活を送ることだと思う。
その他に必要なのは基本的な計算力位ではないだろうか。
それと書く能力。(分かりやすく言えば、鉛筆を自由にコントロールできる力)
文字は勿論のこと、数字や線もたやすく書けるようにするにはそれなりの練習が必要。
筆算でたての線をそろえて書くということも、きちんと指導されていないような気がする。

パズルや立体模型などを使った能力開発も盛んなようだが、そうしたものを与えると
伸びる子を加速させることはできるかもしれないが、いつかどこかで気づくことに多少早めに気づかせるだけのような気もする。
そうした教材にうまく反応できない子もいる。
その子自身が伸びようという気持ちを持っていないはずがない。
伸びるのが嫌だと思っている子は絶対にいない。
ではなぜうまく反応できないのか。
それは教材がその子に合っていないからだ。
その子が伸びようとしている気持ちをうまく引き出して上げられる教材ではなかったというだけのことだ。
その子には今何が必要なのか。
それはその子の行動や言動から判断していくしかない。
算数は好きではないけれど物語を読むのは好きとか、電車の駅を覚えるのなら誰にも負けないとか、絵が好き、虫が好き、サッカーが好き
何でも良いと思う。まずその子が乗ってくるものをみつけてあげることだと思う。
中には、何をやればよいか自分では決められない子もいる。そういう子は、与えた教材にもしっかり対応してくるだろう。
子どもの力を伸ばしてあげることは大事だけれど、子どもの伸びる力を支えたり押し上げていくサポートをすべきだと思う。無理やり引っ張り上げるのは疑問だ。

だが、どの子もしっかり乗ってくる指導法というのもあるのかもしれない。
たとえばテレビ番組「エチカの鏡」で知った横峯先生や久保田カヨ子先生(言うまでもありませんが私とは何の血縁もありません)の幼児への教育法は素晴らしいと思った。
ああした指導をされれば、子どもも確かに能動的になっていくだろうと感じる。
あの先生方も個別指導ではなく、集団の中で個を見ていくというスタンスだと思う。
だから小さいうちからわざわざ高い授業料を払って個別指導や家庭教師を付ける必要はないと思う。
むしろ社会性も育成するという意味で、集団で指導される環境が必要だと思う。
だからまず学校での指導をしっかりこなすことだ。
学校での指導だけで不足ならば、近くの通いやすい集団塾やZ会などの通信添削を利用したら良いと思う。

パズルなどの教材を与える時は、やりきったら次のものを与えるのが良いと思う。
興味を示さなかったら無理強いはしないで、本人もやりたいと言うものに換えれば良い。

私は個人的には、こと算数について言えば、本格的な中学受験の準備は小5からで十分と思っている。
4年までに必要なのは言語活動を豊かにしたり計算力を固めていくだと述べたが、もっと根本なのは、学習習慣をつけることだ。
考える力を育てる機会を意識的に作っていくことは親でもできることだと思う。
「会話を単語ではなく文でおこなう」とはどこかで聞いた話だが、一理あると思う。
その他、家事の手伝い、洋服を畳むとか買い物したものをうまくかごに収めるとか、知恵を絞らせることはいろいろある。
時間の管理やお金の管理もある程度は子どもの主体性に委ねるのも必要だと思う。その過程でもいろいろなことを学べると思う。
そうした日常の様々な活動こそ一番生き生きとした知力を育てると思う。
「踊る大捜査線」風に言えば
「学習は日常で起こってるんだ~」です。
その力を持って、5年から本格的に試験対策にあたれば充分に力を伸ばせる。
成績を上げるにしても、始めるのが遅い子をペースアップさせる方が、早く初めて勉強することに飽きてしまっている子の知的好奇心を再活性化させていくより容易であることが多い。
教材も、受験対策に必要なものは既に十分に出回っているし、そもそもの最高の教材である過去問集はどの学校のものもすぐに手に入る環境にある。

断言します。
久保田塾に来るのは、小5からで大丈夫です。
小5から指導を始めるのが最適です。
いわゆる飛び級も受け入れますから、小5並みのレベルがあるなら、もっと早い学年からでも指導します。

それ以前にやっておくことは
親子でのたくさんの会話。(相互通行が大事)
学校の授業の完全理解。

さらに望めるなら
時間やお金の自主管理力
(何時まで遊べるとか、1か月のお小遣いはいくらとかを自覚すること)






テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索