合格メール。

今年も中学受験した全生徒から合格の報告をもらえた。
全員が第一志望合格
とはいかなかったが、私の予想よりは皆良い結果となった。
指導する立場としては、最良の結果を祈念しつつ、内心では最悪の結果も想定している。
受験校は全てご家庭の決定を尊重した。相談されれば私なりの意見は述べるが、決定は本人と保護者の方の意見によるべきと思っている。

各自の実際の合格の知らせも嬉しかったが、お母様方からのメールでの文面が更に嬉しかった。
それぞれの子の状態や性格を考えながらギリギリの線をねらって指導していたつもりだが、時に行き過ぎたり読みを誤ったりしていたのではないかと心配になることもあった。
今年はどの子に対しても、そのギリギリの線が皆功を奏したようだった。
支障のない限りで引用させていただく。

『昨年の今ごろ算数が雪崩のように下がって、なすすべもない状態で、先生のご指導をお願いしました。
先生のおかげで、なんとか持ち堪えて、今日があります。
学習面はもちろん、精神面でも支えて頂いたこと、心から感謝しております。』
(横浜市女子生徒母)

『大手塾では、生徒ひとりひとりの性格まで考えて
学校選びを適切にアドバイスしてくれる先生などおられなかったので、
先生の存在は私たち親子にとってはとても貴重でした。
また、塾は合格実績ではなく、個々の先生の教える力量を見て選ばないと
いけないことも、先生から学びました。
娘は最後のころには、算数は得意科目だと感じていたようです。
”この問題は久保田先生に鍛えられたから、できる”と、問題を解きながら
よく言っていました。』
(23区女子生徒母)

『先生には本当にお世話になりありがとうございました。
算数嫌いの娘がここまで頑張れたのも先生のおかげだと思います。
今後もおりに触れご助言やご指導をいただければ幸いです。』
(23区女子生徒母)

この他にも電話にて直接のお話しをいただいた方もあるが、引用が不正確になるといけないので、メールでのご連絡からの引用だけにした。

解き方を教えるだけではなく、使える引き出しをどんどん作らせ、子どもが自由に発想できる力を付けること、
これが大事なのだということが今年も更に深く実感できた。
また、その為にどう対していけば良いかもより深く理解できた。
見守っていただいた保護者の方々に私も深く感謝したい。

ただし、私への不満については話しづらいということもあると思うので、全ての保護者の方、生徒自身が心から満足しているとは言えないのかもしれない。そのことも忘れずにいたい。



蛇足ながら、下記広告リンクは私の記事とは一切無関係に勝手にリンクされているものです。
下記サイトの内容についてはご自分で判断していただくようお願い申し上げます。













テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索