お母様からのご連絡(2回目)

こんにちは。
お忙しいところ、早速丁寧な御返信をいただき、ありがとうございます。 先生から
の内容を読ませていただき、ほっといたしました。
やはりかなり「逃げ」の部分が大きいように思います。

今回のことでこれまでの私の対応がまずかったのが一番の反省点です。
先生のおっしゃる通り、一見ボーっとしているようで、実は感受性の強い子なので、
私の焦りがもろに彼に移ってしまっていました。
本人と色々話をしていても、「お母さんはこう言っているけど、本心はこうに違いな
い。」と私の気持ちの根底を見透かされていたのでしょうね。

家で事業をしておりまして、彼は長男ですので、「何とか成功させるように育てなけ
れば!」という思いが私の中に常にあるんですね。
10年以上も彼の親をしてきているのに親として成長していなくて情けなく、また、申
し訳ないです・・・。

読書の内容は、やはり物語が大好きのようですが、「空想科学読本」のシリーズ(←
これはファンタジーものになりますでしょうか)やら伝記やら日本史の図鑑等をみた
り、ことわざ・慣用句等の学研から出ている子ど向けの本、朝日小学生新聞も毎日楽
しみにしているようです。 比較的幅広い方かも知れません。

現在の状態に一番焦っているのは全く態度で表わさなくても本人なんですね。
算数においては彼が嫌がらず私に「じゃあお願い」と言ったのが、自分がやった問題
集の間違い箇所をノートに書きだすことでした。
そのことからも本当はやりたくないのではないのかもしれません。

まずは私が焦らず、本人からお願いされたことだけをやってみたいと思います。

本当にありがとうございました。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久保田塾・塾長

Author:久保田塾・塾長
東京都内、自宅にて個別指導、都内近県にて家庭教師をしています。
受験対策でも不登校児へのフォロー指導でも、私を頼る者全ての力になりたいと思っています。
でも、出来ない事は出来ないので、その時は、よりふさわしい先生をご紹介したり、次善の策がないかを模索したりします。
一番得意なのは中学受験の算数指導。「どんな問題でも解ける」という事より、「志望校に合格するにはどういう力を付ければ良いかを伝える」のが大事なのです。そのことを分かっていない保護者の方々、現役の塾講師、家庭教師の先生方があまりにも多い。
教育ネタが中心になると思いますが、趣味に走ったりもするかも。
前から興味のあったブログというのを始めて、ちょっとワクワクの「え~年のおっさん」です。
(2008年2月2日(先勝)・ブログ開始)

メニュー
リンク
ブログ内検索